血糖値が上昇する

血糖値上昇の危険性とは一体

血糖値が上昇すると起こる事

血糖値が上昇するとどんな危険があるのでしょうか。血糖値が高い状態のまま、なんの治療もせず過ごしているとまずはのどの渇きや頻尿、倦怠感や疲労感を感じるようになります。ただ、これらの症状は日常的にも体の不調として感じることの多い症状なので、なんとなく体調が悪いだけかとそのままになってしまうことも多いものです。さらにそのまま血糖値が高い状態を放置すると糖尿病へと進行していきます。

血糖値の上昇をそのままにしていると、糖尿病の三大合併症と呼ばれる症状もあらわれていきます。これは、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の三つの病気で、恐ろしい合併症であると言われています。神経障害では、手足の血行が悪い状態に陥りしびれや感覚のにぶりから始まって、最終的には壊疽となり、最悪の場合、下肢切断の恐れがあります。

網膜症では、血行障害によって眼底の血管が詰まってしまい、視力低下、失明の危険性があります。大人になってから失明する人の原因の第一位は糖尿病性の網膜症によるものです。腎症は、高血糖によって腎臓のフィルターが詰まってしまい、血液ろ過が正常に行えなくなって、人工透析が必要な状態になります。毎年1万人ほどのペースで、糖尿病性腎症による人工透析患者が増加していると言われています。

ほかにも命に関わる病気のリスクが高まることがあります。脳卒中は、大きく脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血の三つに分けられますが、このうち、脳梗塞は高血糖によって発症リスクがあがる恐れのある病気です。脳の血行障害によって血管が詰まったり、一部が狭窄して血流が滞ったりすると、脳がダメージを受けて、最悪のケースでは亡くなってしまうこともあります。

動脈硬化は全身をめぐる動脈が詰まったり、血流が悪くなったりする病気です。自覚症状があまりないことでも知られ、そのまま放置して進行してしまうと心臓病や脳卒中などの重い病気を引き起こす可能性があります。血糖値が高い状態のまま、治療を施さないと命の危険がある合併症を発症することがあるということを理解し、日ごろから血糖値コントロールをしっかりと行っていくことが大切です。